車査定個人情報なしでもできる?

買い物やアウトドアによく自前のハッチバックコンパクトを利用している私。後部座席を思い切り倒してスッキリとラゲッジスペースが確保出来るのは良いのですが、長く利用し続けているとどこかしっくり来ない、違和感の様なものを感じる時もあります。特に荷物を積み込もうとリアのドアを開けた時に感じるものでしたが、ようやくその理由が分かりました。

e80d715b265c014a43351abf545a83f3_s
出来るだけ他の駐車スペースの邪魔にならない様、荷物を持ってギリギリまで車の背面にまで近寄った際、上部へ跳ね上げるタイプのドアの場合立つ位置自体がドア開閉の邪魔になる事があり、時として上半身を大きくのけ反らさなければならないのです。
こんな時、左右に開けるいわゆる観音開きタイプのリアハッチだと凄く楽だろうにと感じます。左右どちらかにちょっと逃げれば問題無く開きますし、ドアの重量もほぼ半分なので特別な力も要らないでしょう。最近ではクロカンだけでなくミニクラブマンを始めアウトドアに振った小型のワゴンにもこういった車種が登場していますが、まだまだ一般のリーズナブルなコンパクトタイプには普及していないのが残念なところ。
強度的な問題もあるのでしょうが、便利にリアを開放出来る機構を早く開発してもらいたいところです。

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

CAPTCHA