» 2018 » 1月のブログ記事

学生の時引っ越しをするにあたり一人暮らしを始める時は両親に運んでもらい、大物は現地で買うようにしました。
これは兄もやっていたとの事で、確かにそうする事によって運び出す物が少なくて済んだので良かったと思います。
しかし下見の時に雑貨屋が近くに見当たらない事もあり実家近くで仕方なく購入する事にしました。
組み立て式の物を選んだので引っ越し先で父に組み立ててもらいました。
また何と言っても大物電化製品が大変です。大手の電気屋があったので買って行かなくても良かったのですが、やはり慣れた所で値切って買った方がお得という事でこれも地元で買いましたが、さすがに自分たちで運ぶのは大変だったので、直接電気屋に運んで設置までしてもらいました。

仙台市内 引越し料金の相場を知りたいなら
やはり頼れるところは業者に頼んだ方が少し金額がかかってもこちらの負担は少なく済みます。といったように始めは良かったのですが、学生生活が終わり実家に戻る時どうしようかと話し合いになりました。
電化製品もあり、さらに学生生活で増えた雑貨も多くあったので細々したものは少しずつ持ち帰りました。そして問題になったのがベッドでした。
引っ越し先で購入したので実家の階段を上るのが微妙な大きさでした。それらは業者の人に任せましたが、やはりベッドは大変でベランダから入れてもらいやっと入れる事ができました。
業者の人はさすがだなと感心してしまいました。

この春関東から四国へ、旦那の転勤が決まりました。いさて、移動はどうするか。実は、小型犬を2匹飼っているので、飛行機の旅は無理なのです。そこで、ノンストップでは、9時半の距離を車で移動することを決めました。主人しか免許を持っていないので1人の運転です。
前日に荷物を全て出したので、床のフローリングで、寝袋生活。身体がバッキバキに、朝から体の痛さで目が覚めてしまいました。そのまま、朝11時に出発。天気は晴れ。しかし、途中から土砂降りの雨に。岡崎SAに着いたところで、仮眠とご飯を食べたのですが、天気を気にしていなかった私たちは傘を持っていなかったので、雨の中を買い物に行く羽目に。寒さで1枚の毛布に包まり、気がついたら、主人とともに仮眠に2時間すぎていました。所々で、犬の散歩も雨の中急いでさせ、車中泊場所に選んだのは、淡路島緑パーキングエリア。
そこで、車の後ろで寝袋生活です。案の定、体がバッキバキ。身長もある主人は、足も伸ばせず、あまり寝れなかったようです。犬達はぐっすり。私は寝れたのですが、前日の雨の中、何度も犬達の散歩をした為か風邪をひいてしまい、無事に四国に着いたものの、散々な車での移動になりました。転勤族のため、これから転勤ごとに場所によっては、車移動。考えると頭が痛くなります。

私は、今まで父親の会社のとトラックを借りて引っ越ししていました。
若い内はできたのですが、中年たってからは、非常に厳しい作業になっていたので、
引っ越し会社に頼みました。

ダンボール1
引っ越しでめんどくさいのが、荷物を段ボールにまとめる事です。
これは、必要な物を残して片づけるのですが、一回、段ボールに入れた物が
必要になる事もあって、また出しての繰り返しですごく悪循環でした。
今回の引っ越しは、引き出し付きのボックスなどにカテゴリ分けをしていたので、
荷物まとめは前ほど、苦労しませんでした。
引っ越し会社に電話して、見積もりを出してもらったのですが、
3月で引っ越しシーズンなのに、すごく安く見積もりをしてもらいました。
当日、引っ越し会社の作業員が2人で来ました。
その作業者に荷物を見てもらった時に、作業員の人が、見積もりを見ながら、
首をかしげていました。
私は、なんかあったと思い、聞きました。
営業の人が勘違いをしてしまった等で、3分の1以下の金額にになって
いたようです。
とりあえず、契約は終了しているので、その額で引っ越しをやってもらいました。
私は、引っ越し会社に初めて頼んだのですが、手際に良さとパワーに驚かされました。
私が、段ボール1つを運ぶのも、必死だったのに、作業者の方は、4箱を一気に
運んでいました。体も華奢な感じで、とてもこのパワーを持っているとは
思いませんでしたが、早かったです。
家具などの置き場所のいろいろアドバイスをしてくれて、気持ちが良い
引っ越しが出来ました。
ただ、作業者の方が、ご立腹だったので、会社についてから、営業と揉めたんじゃないか
と思います。

引っ越し 都内 単身の料金について

いやぁ〜。引っ越しって何度経験しても慣れないものですね。

私は人生で3度の引っ越し経験がありますが、荷造りがまぁ〜本当に苦手です。(笑)
何から先に詰めていったらいいのやら…。
しかも、引っ越しの日にちがだんだんと近くなってきた頃に、やっと作業をし出す私。

そうそう、ギリギリにならないとやらないタイプなんです。(笑)

初めての引っ越しの時、ある引っ越し業者に見積もりをお願いした時のこと…
ホームページを見たところ、何やら見積もり申し込みだけで、お米が貰える!とのこと。

丁度その頃お米を切らす寸前で、重いけど自転車で買いに行かなきゃ〜!と思っていた矢先の、ラッキーな情報につい速攻で電話をかけてしまいました。(笑)
営業マンの方が約束の時間に来てくださって、もっと隅々まで色々見るんだろうなぁ〜と思っていると、
ものの数分で見積もり終了。

お値段的には少々高いと感じたため、「ありがとうございました。ちょっと検討させていただきます。」と言うと、少し表情を曇らせそそくさと帰ってしまった…。

あら?お米…もらえないのかな?と思ったが、少し恥ずかしかったのもあって言えませんでした…。

見積もりのお目当は、お米だったのにー!

そんなこんなで、無事に引っ越し業者も決まり、引っ越し日の前日にほとんどの荷物を箱詰めしたのを覚えてます。
荷造りが本当に大変でした。できればもう引っ越しなんてしたくないなと思いました。

私は子供の頃から犬を飼っていました。
引越し先は犬猫オッケーのアパートを選んで行きました。
引っ越してみてびっくりしたのは本当にほとんどのお宅でペットを飼っていたことです。
犬と猫は半分ぐらいでしょうか?犬は室内飼いなので声しか聞こえてきません。姿が見えたとしても窓越しにチラッと見えるぐらいです。

d2a0e3865d3a4a663689a40c2a696b81_s
ですが猫は違います。堂々と不通に歩いています。どこでもかしこでも歩いています。
特にびっくりなのがベランダ側の庭を普通に歩き、その上、窓の網戸の部分まで普通に接近してきて、うちの中を覗きに来ることです。
うちには犬がいるので、犬は突然の来客の猫に対して超興奮状態です。
しかし猫は大物で、すました顔をしてこちらを覗いたままでいます。
そんな感じで猫を飼っているお宅の猫ちゃん達がひょっこりと遊びにやってくるのが日常となってしまいました。
犬を常に2、3匹飼っているので自分の家は犬屋敷だと思っていたのですが、ここのところ猫屋敷ではないかと勘違いしてしまうような感覚です。
正確には犬猫屋敷化しているような気分になってきます。まあ、にぎやかで楽しいですけどね。
動物の自然な姿に笑顔がこぼれるし時に、声に出して笑ってしまうこともあります。
この家に引っ越してきて良かったなあと思う今日この頃です。

荒川区内 引越し 料金について

私の引っ越しした話について書きたいと思います。
2016年6月中旬頃に愛知県から千葉県に引っ越してきました。
千葉県に引っ越してきて良かったのだろうかと自分で懐疑的になっている日々です。
現在私が住んでいる若葉区は、近くに散髪屋や歯医者、携帯電話のお店、本屋、郵便局、野菜屋さん、飲食店等いろいろな施設があるので、私生活をする上では困りません。
職安やアニメイトも千葉駅の近くにあり、その点は便利で能率が良いです。
千葉県に引っ越して6ヶ月間かけて、ようやく家のリフォームが終わり、生活の基盤が整ったところです。
しかし、千葉県千葉市若葉区に引っ越してきてから、周辺住人で変な人も多くトラブルにも巻き込まれています。
近くのデパートには極端に喧嘩腰な人も時々出現するので、困っている場合もあります。
千葉モノレールでは、極端にチラチラこちらを見てくる人がいるので、母は気持ち悪い日々を過ごしています。
千葉県も良い人ばかりだとは限らないという事です。
千葉県に住んでいるので、東京へは近づきましたが、東京に行く際には交通費が高いのが悩みのタネです。
千葉モノレールは、高校生が多く乗ってきますが、高校生がうるさいのが嫌ですね。その雑念が悪影響を及ぼす事があります。

931d43988465f861f59abdc61cb383aa_s

引っ越しは私が小さなころに経験したのが今のところ最初で最後です。
引っ越した過程は小さかったので、あまり覚えていませんが、引っ越すきっかけはよく聞いていたことと、当時の記憶がとてもインパクトが強かったので覚えています

私が引越しをした理由は、両親から聞いたことですが、自分たちの意思ではなかったと聞きます。
父方の祖父がいつの間にか自分の家の近くに土地を購入していたらしく、息子の父でさえ祖父の「こっちへ来い」の一言で事実を知ったようです。
両親も何の相談もなく買った土地への引っ越しだったため反対はしたようでしたが、どうしようもなかったため、転居することに。

自分が覚えている今のおうちへの最初の印象は、土地の確認だったので、工事が入る前でした。
その時の記憶は「すごく田舎」「なんてところに引っ越さなきゃいけないんだ」という印象を受けていました。
現在は区画整理や土地の分譲などが進み、市街地らしくなったので住みやすくはなりましたが当時はまだ家もそんなに多くなく、道路も整備されていなかったりまわりが木々に囲まれていたりしたので、当時住んでいた市街地に比べずいぶん田舎で済みにくい印象を受けました。
当時はまだ未就学児でしたがそんなこと思うなんてある意味かわいげがなかったんだろうなぁと感じます。
引っ越してのメリットはアパート暮らしだったのが一軒家になったため住環境が良くなったこととペットを飼えるようになったこと、一軒家なのでお隣さんとのトラブルがなくなったことなどです。